hiokaの日記

とりとめない話をしようよ

石田ショーキチさん@新代田fever4/8の感想

石田ショーキチさん?石田ショーキチグループ?

この辺よくわかってなくてすみません。

バンド編成&スペシャルゲストにスクーデリアエレクトロの寺田泰彦さんというライブに行ってきました。

 

 

 

前置き

石田ショーキチさんと私(知ったきっかけ)

高校生の頃、L⇔Rスパイラルライフも好きで、ライブ行ったりラジオ聞いたりしてました。

そういや先日ツイッターでエルトンジョンがQOTSAにリプしてて、今度カバーアルバムが出るらしくそのアルバムでQOTSAが私の好きな「Goodbye Yellow Brick road」をカバーしてるんですって。そんで早速Spotifyで聴きながら、「この曲石田さんのラジオで知ったんだったなあ」と思ったりしました。 

 話を戻して、スパイラルライフを知ったきっかけは、元々BAKUの車谷くんが好きだったからです。

でも、BAKUも途中からユニコーンが気になったりでしっかり追っかけてたわけではなかったので、車谷くんがBAKU解散後新しいユニットを組んだと言うのはなんとなく知っていても曲は聴いていなくて(BAKUのラストアルバムに実質スパイラルみたいな曲が入ってましたよね、、)、それからL⇔Rが気になって、高校で出会った子と音楽の話になって「L⇔Rが気になる、前はユニコーンとかBAKUとか聴いてた」と言ったらその子がいわゆる渋谷系が好きな子で、フリッパーズギターとかオザケンコーネリアスカヒミとか知ってて、「スパイラルもいーよー」と教えてくれて、調べてみたら「あれ?L⇔Rと仲いいんだ!?」と知ったという。

…なんか自分で書いててもよくわかりませんけど、そんな訳でその子とはスパイラルの厚生年金会館だったか横浜だったか?、それとL⇔Rの青山学院の学園祭ライブとか一緒に行ったなあ。もう連絡とってないけど元気かな。

 

最近の話

そんな感じでスパイラルは大体聴いてて、スクーデリアも初めの2枚までは聴いてましたね。ミュージックパイロットで「ROCKET RIDE」聴いてかっこいいなあと思ったり。

それ以降は多分私があんまり音楽聴かない時期に突入してしまって、、

(聴き続けてたらスクーデリアの吉澤さん、寺田さんがプロデュースした「!(エクスクラメイション)」、リアルタイムで知れてたかなあ、なーんて)

まあでも健一さんだけはかろうじて追っかけてたので、MOTORWORKS結成にはおおお!となって、モタワのライブは何度か行きましたねー、という感じ。

そしてここ2〜3年の話をすると、2016年6月に千葉のそらのかけらでのソロライブに行き(終演後CD買ってサインしてもらい、この時初めてお話しました←「ありがとうございます」程度ですが)、

同年12月にfeverのライブに行って、ライブ中泣いてぐちゃぐちゃだったけど町ガの「はるかぜリップ」いい曲だなーと思って帰りにCD買って「この曲いい曲ですね」ってまたお話させてもらったり、

モタワのCD再発記念のトークイベントでサイン、DVDの時は握手してもらい、

昨年(17年)3月のキング&チキン(黒沢秀樹さんと石田ショーキチさんのユニット)でも終演後お見かけしたかな、とまあまあ?ライブなど行ってるような?どうですかね?的な感じです。

 

注意書き

さて、そんな私が 行ってきましたショーキチさんのライブの感想です。

今回はなんと運よく整理番号が1けた!

ということで最前列で見れました!

あの手すりにつかまって見るっていうの、一度体験してみたかったので

周りの様子があんまりわかんないのがちょっぴりさみしいと思いつつ、

しかし手すり使うってこんな感じなのか、楽!とめっちゃ満喫しました。

 

セトリはツイッター検索したらブログに書いてる方がいらしたので思いっきり参考にさせていただきました。ありがとうございます。

(ていうか、終わってから感想がてらわりと曲名とかがっつりツイートしちゃったけど、ツアーって同じ曲やる感じなのかな?日替わりかと思っててネタバレツイートしちゃったかもだよ、申し訳ない…)

という訳で、これから名古屋、大阪、行こうかな?と思ってて曲名知りたくない人は気をつけてくださいね。

気にならない人はこのままどうぞ。

 

ライブの感想

開演前SEはいい感じのエレクトロ寄りのポップな曲が流れてました。

1曲SoundHoundで検索してみたらこういうの。

雰囲気伝わりますかね。

 

 

そしてバンドの皆さんと石田さん登場。

1曲目は、「Further Along」!

うひゃー、懐かしい懐かしい!

そんでもって今聴いてもいい曲だなあ。

石田さん、歌ってギターソロ弾いてかっこいいです。

 

2曲目もスパイラルの1stから「Another Day,Another Night」。

全部のパートを石田さんが歌ってるというのが新鮮。

3曲目に行く前だったかな?ギターをチューニングしてて(多分レギュラーチューニングに直してた?)、チューニング終わった〜と思ったら「ギター間違えた(笑)」と言って、せっかくチューニングしたけどもう一台のギターに交換。

でも3曲目の「星のクロニクル」素敵だったー。

ライライララララーイは楽しいし、間奏のシャララはしみますね。。

4曲目の「Photograph」はここから2ndの曲かな?バンドで聴けて迫力あるグルーヴを体感できてよかったなー、と思ったら

次の「20th Century Flight」もめちゃめちゃバンドサウンドで。

オリジナルの繊細な美しさが高校生の頃からそれはそれは大好きな曲だけど、

こうしてライブハウスでちょいアップテンポ気味で聴くというのも楽しいのでは!?

うん、楽しい!!と踊っちゃいました。

多分周りもかなりノってたはず。

 

ここでスパイラルコーナー終わりで、「FLOURISH」の曲はやってないですね。

いま「FLOURISH」の収録曲を見てみると、「Dance To God」はモタワでよくやってたけど、他の石田さん曲はバラードが多いのかな?(どっちがどの曲とか詳しく知りませんが)

 

ここで寺田さん登場。

 

スタンバイに少し時間がかかるのか、その間石田さんのフリートーク

うろ覚えですが、

Further Alongは組曲なんだよ、3つくらい別の曲を1曲にまとめたの。20代前半で作ったってすごくね?」

と言って観客(私の近くの人)が「天才!」と言ったら

「今天才と言いつつヘンタイって言う人いなかった?(笑)」とか、

なんの曲だったか、「自分で作った曲の間奏がアレンジャーさんによって変えられちゃったりして、大人って怖いと思った(苦笑)」とか。

そんなスパイラル時代の裏話が聞けました。

 

ここからはスクーデリアの曲。

リアタイで聴いてた初期の曲と、後追いでも聴いてある程度は知っていますが、

ライブで聴くのはどれも初めて。

寺田さんが入ると音が更にぶ厚くなってかっこいい!

「さよならノーチラス号」かっこいい!

確か終わってから後ろの方から(ちょっと聞き取りにくかったですが)「アメトーク以外で聴けるなんて〜」的な感想が飛んで、石田さんが「え?なんか面白いこと言った?」みたく反応してたような(笑) 。

 

Rock'n Roll Missing」は、私、夜明けのレッドヘッドがなんかやたら好きなんですよねー(今回は聞けず)と思いつつ、クールな中に熱さがあって、これまたかっこよかったですね。

演奏後、「ロックンロールミシン」という映画のこと?(よくわからないので知りたい…)や、「湾岸戦争大義名分を見失ったアメリカと、自由を見失ったロックとを重ねて…」といった話をされてたような(うろ覚えなんで間違ってたらすみません)。

 

次の「霧の200マイル」、この曲は1stアルバム聴いた時から好きだったから聴けて嬉しかった!

てな感じで書いてくとだらだら文章長くなっちゃうからどうしよう。

ああでも

「太陽道路」、「ラブドロイド」ときての 
「TRUTH」!石田さんのボーカルがとても素敵だったな。

ここで寺田さんが一旦退場されたんだったかな。

どこかのタイミングで、「寺田さんが入ると一気にスクーデリアサウンドになりますねー!」と石田さんが言ってましたが、ほんとそう思いました!

 

 

「静かの海」で激しく切ないメロディを聴かせてくれて、ソロの曲へ。

love your life」、いい曲ですよね。人生への肯定感に溢れてる。

 「スカイウォーカーチルドレン」は演奏後、息子さんもスターウォーズにハマったと言う話をされてて、けっこう細かいこと言ってくるそうで、「こっちは何年前の話だよ?そこまで覚えてないよー」と、子どもの記憶力はすごい、血は争えない、とちょっと嬉しそうでした。 
「Seth」、「蒼天航路」、「Finding Sunset」、そして 
「稜線上のランウェイ」で本編終了。

 

アンコールでは、みなさん今回のツアーグッズの

「Shokichi Ishida 50 years」Tシャツを着て…

あ、ドラムの河野さんは背中に「祝」と書かれた法被を着て登場。

 

 

Tシャツ、化学式のような、サッカーボールのような?

なんか五角形模様がメタリックでキラキラかっこいいなーって見てたら

石田さんが「かっこいいっしょ?」とこっちの方に顔向けて聞いてきたので、周りの人と一緒に「かっこいー!」とお返事しました。

 

アンコール1曲目は寺田さんも演奏に加わってくださっての「The Answer」。

本編のMCで「スパイラルはUKハウスのドラッグカルチャーにノンドラッグで挑んで(笑)」みたいな話をされてる時に「The Answer」って曲名出してたから聴きたいなあと思ってました!

中盤の〝You can find the anser〟で観客を煽ってくれて、みんなで大合唱して気持ちよかったです!

タイミング忘れましたが「当時ポリスターの牧村さんに〝スパイラルはヒップホップだね〟と言われたことがあって、その時は〝なんで僕らがヒップホップなんですかー〟って思ったけど、今考えるとヒップホップっていろんなジャンルの音楽取り入れてるってことだから、なるほど確かにヒップホップだ」みたいな話をされてて。

今聴いてもほんっとかっこよくて、メッチャ踊れました。

なるほど、ハウスか。。

確か、「当時プライマルスクリームの、正確にはプライマルスクリームのリミックスしたアンドリュー・ウェザオール(←うろ覚えだったけどwiki見たら載ってたよかった)にお手紙書いてた感じ。上板橋から(笑)。当時上板橋住んでたもんで」ともおっしゃってたと思います。

 

アンコール2曲目は「Better Days」。

これもほんとかっこよかった!

なんか「かっこよかった」しか書いてないけど(語彙力…)、生で聴けてほんとよかった。

ここで寺田さん退場されたかな?

ラストは石田ショーキチグループで「サマーレイン」。

こういうビートなんていうのかな、なんかL⇔RのRemember思い出しました。夏の曲だからかな。

それと、どこかのタイミングで「このバンドのおかげ」みたいなことおっしゃってて。

うん、よかったですね。

私も懐かしくそして今聴いても色褪せないいやむしろ新鮮に楽しめる数々の名曲を今の石田さんと仲間の方たちと聴けてよかったです。

 

以上!

書ききれなかった話としては(順番てきとー)、

(後半)石田さんが曲を途切れず続けてかっこよくやろうとしたら寺田さんの準備がまだで、

「ですよねー、まだですねー、僕が悪かったです、すいません!」て石田さんがすぐ始めるのを諦めて、なんとかトークで繋ごうとして、話がオチにきそうになったら寺田さんが「はい!」って準備できたよーって合図して、石田さんがかわいそうで面白かったです(笑)

とか、

(中盤?)石田さんが「スクーデリア、曲が幅広い」的なことを言ったあと、「あんま売れなかったな」とボソッと。

寺田さんが「1stは売れたよ」と言っていて、石田さんが「それ俺が全部(曲を?)作ったやつじゃないですかー」と言って笑ってましたが、うう、当時聴いてなくてすみません。。。と思いました。

いい曲でも売れるとは限らないっていうのが難しいところですね。

(中盤?)

曲が終わって石田さんが「さっき弾いてて指つった。年だわー」って。

そしたらバンドメンバーのどなたかが「(知り合いは?)なかなか戻らなくて前列のお客さんに手を揉んでもらってた」って。なんでもそのお客さんがセラピストかなんからしかったけど。で石田さんにも「お客さんに揉んでもらえば」って言うから、前列の者としてはちょっとええ?と驚きましたが、石田さんは「いーよーやってよ」的にメンバーに手を差し出してたような(笑)

そのあとのMCで「今日は60曲やります」って言って、客席が「いえーい!」って盛り上がったら「やるわけないじゃん、さっき指つったって言ってるの」って(笑)。

 

いやーでも、せっかくの50thだから、60曲は無理でも、50曲とか、ねえ?

と思いつつ、今回は手すりのおかげでかなり楽でしたが、それでも終わったら足がめっちゃ痛くて。

ほんとお疲れ様でした!

あ、あと個人的萌えポイントで、ギター弾いてるときよく右腕をゆっくりクルーって回してるのがなんか素敵でした☆

 

終演後

今回のライブはチェキ券購入で石田さんとチェキが撮れると言うので、どんなもんかと参加してみました。

どなたかのお子さん(年長さんか小学校低学年くらい?の子)が「さいこうび(最後尾)でーす」て列整理してくれてて可愛かった。

そいえば、私の席からはステージ脇に別の子が見えて、時々踊っててその子も可愛かったな。

チェキと言うか写真撮影は緊張しますね、

終わってみて「わー動いちゃったかもー」と心の声丸出しにしたら石田さんが「ははっ」て笑ってくださって、お疲れ様でしたーと言って、そんでその日サッカーの試合があったもんだからサッカーの話してしまいました。

いやそこはライブの感想言おうよ!!

 

うーんでも当日はなんかよくわかんなくて。

 

健一さんは50歳のお祝いできないから、その分も、って気持ちが正直なところあったりして、でもこうして昔聴いてたこと思い出したり、ライブで曲聴くとあー好きだったて言うか今も好きだよいい曲じゃん!

ていうのが、自分でもあんまりよくわかってなかったというか。

勿体ないなあ。

もうちょっと早く、楽しかったってことに気がつかないとなあ。

とライブ終わって少ししてから、そしてこうしてまとめてから思ったりしました。

 

そんな訳で(?)石田さんお祝い月間はまだまだ続くよ!

明日、もう今日か、お誕生日当日の12日はまほろ座に行ってきまーす。

 

まだ参加できそうな人はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

 

 
f:id:hioka201712:20180412005017j:image  
f:id:hioka201712:20180412005035j:image
f:id:hioka201712:20180412005045j:image


f:id:hioka201712:20180412005101j:image

 

 

私にとっての音楽とサッカー

LRきっかけで洋楽聴くようになって大学で入った音楽サークルはさすがにいろんな音楽聴いてる人がいたけどなんだかんだで音楽サークルから離れてしまったりLRも活動休止したり、「音楽聴く」と言っても洋楽聴く人と邦楽聴く人で分かれてるなと思ってしまって(今思うとそうでもなかったかもしれないと思うし、後年映画「モテキ」とか見てると自分より年代がわずかに下だからかもしれないけど邦楽オンリーリスナーもいいじゃないかと思ったりもしたけど)、とにかくしばらくの時期音楽を聴く環境を堅苦しいと思ってしまって嫌になって、そんな時に同年代の選手たちが世界を舞台に戦っているのを見てサッカーにハマって、以後、ものすごく熱心というわけではないし、Jリーグ中心だけど、それなりにサッカーを見ています。

 

それで、W杯2ヶ月前に監督交代のニュースを知って、

サッカーですらそうなのか、と代表をそこまで見ているわけではないので絶望、というのはおこがましいけど、かなりなショックを受け、こうして文章を書いています。

 

最近いろんなところで「日本のガラパコス化」というのを耳にするようになって、

と言っても自分が僅かだけでも語れるのはやっぱり音楽とサッカーについてだけなんだけど、

今でもCDが売れているのは日本だけ、とか、

音楽のメインストリームは今やロックじゃないとか、

最近読んだ「誰が音楽をタダにした?」という本やそれを話題にしている人たちの意見にあって、

日本独自の、というのはそれはそれでいいと思うけど、他の流れをあまりにも気にしなさすぎるのはどうなのかな、と思った。

というのは、やはり新しいことを取り入れていかないと、でも残すものは残していかないとそのジャンルは衰退してしまうから。

このバランス取りは本当に難しくて、それで今私が応援しているチームは苦労しているんだと思う。

 

サッカーと音楽が違うのは、勝負ごとだから、勝ち負けがはっきりついてしまうこと。

でも、日本代表の場合、それはW杯という大一番での勝負のことだと思ってた。

このタイミングでの解任の原因は結局のところよくわからないけど、

私は以前からどんな試合でも「絶対に負けられない」と宣伝しているのが本当に嫌いで、

だって、W杯に出るには予選で勝って、それでW杯本戦で結果を出せば、仮に結果が出なかったとしたらなぜ出なかったかを検証して、次にどうすればいいかと新たにチャレンジしていけば、そうやって未来が見えるようになっていけばそれでいいじゃない。

そうじゃなくて、未来を見据えず目先の試合でなんで結果結果と騒ぐんだろう?

まあ騒がないと話題にもならない、話題にならないと商売にならない、

そして負けてばっかりというのは楽しくない、それはわかるよ、わかるけど、

せっかく世界を舞台に戦えて、そして戦い方を研究して身につけて継続していけば更に上を狙えるかもしれないジャンルなのに、競技というものはそれなりに内容を伴った上で勝利を目指すものだと思ってたのに、とりあえず本大会前の小さな勝ち負けで必要以上に一喜一憂して、そういう空気を楽しむ人が多ければそれでいいってことなんだろうか。

 

まあ実際のところ、私が応援しているのはクラブチームで、日本のクラブチームとしては国内リーグやカップ戦で勝利して、そしてACLというアジアのクラブチームが集まる大会で優勝するのを目指し応援するのが楽しいです(今は降格圏にいてそれどころじゃないけど)。

 

でも、選手はやはり国の代表選手になることを目標として持っているだろうなあと思うわけで、なのにその代表を組織する側が、しっかり強くなって勝つこと、音楽に例えると苦労して革新的だったり実験的な楽曲やアルバムを作ることよりも、以前ヒットしたものの焼き直しだったり、ヒット曲を羅列した安易なベスト盤をリリースすることの方が大衆ウケが良くて商売になると思ってそっちの方を積極的に売り出そうとしているように思えてしまったり、消費者目線で言うと、どうせ実力で世界に渡り合えやしないんだからそんなこと期待してないんだろう?とバカにされているか、もしくは大して出費もしないのに口うるさいとターゲットから外されてるのかなあと感じられて、それはそれでこっちも反省するところはあるかもしれないけど、でもとても悲しくなりました。

何もできないけど、でもこうして意見を残しておくことくらいはできるので書いてみたけど、あまりうまく書けてないな。。。

まとまりなくてすみません。

昨日(8日)行ったライブの感想は後日書きます、多分。 

 

風邪ひいたときの買いものリスト 

またまた音楽の話題じゃなくてすみません。

行きたいライブがあったけど、風邪ひいちゃって断念したんですよ~

あぁ行きたかった。。。
悔しいので、先日病院帰りにスーパー寄って買い物した経験を元に、
風邪ひいた時の買いもの・あるといいものを書いてみます。
(個人の体調・嗜好によるし、書いてみたらそこそこ自炊して備蓄ある人向けって感じかなと思いましたので、へーこの人はそうなんだ、ぐらいで読んでね)


・飲み物:とりあえずペットボトルを何本か
→とにかく水分補給!ポカリでいいと思うけど、うちはお茶をやかんで沸かして作っているし、1.5lのお茶とポカリ粉末の買い置きがあるので今回はキレートレモン900mlと、500mlは、あ、これ飲みたいと思って午後ティーレモンとCCレモンを買いました。
あと職場に持って行く用に200ml紙パックの野菜ジュース(12本安いときに買ってる)を常備していますが、体調悪くて野菜とりたいときにも役立つので野菜ジュースの常備おすすめです。

<飲み物まとめ>
・ポカリ
・レモン系

<常備おすすめ>
・粉末ポカリ
・紙パックの野菜ジュース


・食べ物1(主食・自炊する人向け):スープ類、米、うどん
今回は元々鶏肉(手羽元)を買ってあって、大根もあったので病院行った勢いで帰宅早々鶏肉と大根と冷凍してあったスライス生姜を煮てスープを作りました。
味付けは塩、酒、醤油、(水たっぷりで作ったので鍋キューブ鶏だしをプラス)、めんつゆ!、あれば卵も。
鍋キューブとめんつゆは偉大です!
多目に作ってスープとして飲んだり、ご飯にかけて(orごはんを入れて煮て)雑炊っぽくしたり、うどん入れてもいいし、一度作っておくとかなり助かります。(ごはんは今回多目に炊いて冷凍してたものがありました)
具がなくても、適当にお湯沸かしてだし(orコンソメや鍋キューブ)、塩、お好みで醤油やめんつゆ入れればスープできると思うけど…


・手作り無理っすって場合:レトルトのスープとかおかゆとか、最近はお弁当コーナーに色んなスープや麺類が売ってると思うので、そういうの買うといいと思います。


<食べ物1まとめ>
・スープ
・米(おかゆ)
・うどん

<自炊する気力があれば>
・だし、醤油、めんつゆ、コンソメ、鍋キューブなど
・鶏肉、大根、卵

※しかしながら今回の風邪は食欲出なくなっちゃって、うどん1玉を3食にわけて食べたり、鶏肉の油が出すぎてくどくなってしまったので皮を処理してから料理すればよかったなとか、元々鶏肉買ってあったから使わなきゃ~と思って料理したけど、やはり体力消耗するので無理にやらなくてよかったのでは、など反省点も。

 

・食べ物2(おやつ)
これはほんと個人の嗜好によると思うけど、
例えばゼリーとか、果物とか、プリンとか、アイスとか、なんか食べやすいもの。
逃げ恥では体調崩した平匡さん、アイスを食べてましたね。
私は体調崩すと寒いのとお腹が心配でプリンやアイス気分にならず…
今回はゼリーと、プチシュークリームを買いました。プチシューはちっこくて何個か入りなので1つ2つちょこっとつまめてちょうどよかったです。
それから、家にリンゴがあったので、スープを作るついでに横のコンロで適当に切ったリンゴを砂糖とレモン汁で煮ました。
これがすごくおいしくて、ほんとは主食と言ってもいいかもしれない。
さらにクラッカーがあると小腹も満たされるのでリンゴ煮+クラッカー、いいかも。

(うちはJリーグカップでおなじみのルヴァンのクラッカーを常備しています)

 

<食べ物2(おやつ)まとめ>
・ゼリー、アイス、プリン、プチシュー、果物など
・クラッカーおすすめ
・りんごはそのまま食べても煮てもおいしい

 

<その他>
・のど飴
ちなみに私はロッテかりんのど飴と
リコラハーブキャンディが好きです

・はちみつ
喉が痛いときなめるといいらしい。
そういや買い置きがあったなと試しになめてみたらたしかにすこーしだけ喉のヒリヒリが治まった気がしました(はちみつは1kgの大瓶+味の違う小瓶いくつかで5000円くらいのを買って1年くらいかけて消費しています)。
お湯で溶いてそのまま飲んだり、ポカリに入れたり、りんご、クラッカーにも合うのであるといいかも。

・100均のチャック付きポリ袋(大きさ色々)
薬を朝昼晩で分けたり、のど飴を小分けにしたり、使い道いろいろ。

・タオマフ
首に巻いたり、咳するとき口元押さえるのに使えます。

・しっとり系ティッシュ
鼻かみまくってると痛くなってくるので、時々使うのにおすすめです。
鼻セレブとか、エリエール+waterとか、箱が敷居高かったらポケットティッシュで試してみてもいいかも。

・とにかくお湯を沸かしておく!
スープや粉末ポカリを溶いたり、お茶や薬飲む時に使うので必須


こんな感じですかね~

人に買い物頼む時は、
・飲み物(ペットボトル)
・食べ物1(スープ、主食)
・食べ物2(おやつ)
・その他(飴、小物)
で自分がその時食べたい・欲しいと思うものを頼めばいいのかな。
買う側の人は、迷ったら日持ちするものにすればいいんじゃないかなー。
弱ってると思ったより食欲落ちてたりするので、賞味期限短いと無駄になっちゃうかもなので。

 

以上。早く風邪治ってくれ~。

この間覚えたはずの見出しのつけ方を忘れてしまったよ。。

(頭回らないからまた今度)

 

チェコアニメ

健ちゃんのアーカイブスに感化された?かどうだかわかりませんが、

音楽に限らず昔好きだったものを思い出して久々にチェックしてみよっかなーという気分に時々なりますが、

そんなものの一つにチェコアニメがあり、以前劇場で見てもう一度観たいと思っていた『屋根裏のポムネンカ』のDVDが出ており、中野島のお店で売っているとツイッターで知り、先日そちらに行く用があり、ならばと買いに行きました。

 

★元々の用というのはサッカー観戦で、行きは横須賀線武蔵小杉駅で下車して等々力競技場へ、

帰りは等々力競技場から南北線武蔵中原駅へ、という方向音痴らしからぬなかなかの高等テクニックを駆使しました!

(等々力競技場はJリーグサポの間では等々力迷宮と呼ばれていて、うっかり川崎サポの後をついて行くと目的の駅にたどり着けないと言われております)★

 

お店は南北線中野島駅から歩いてすぐ。

入り口入ってすぐはアマールカグッズがずらり。

奥にはいろいろなチェコの作家のDVDや絵本や、人形も(チェコは人形劇がさかん)。

 

そもそも学生時代にWOWOWでやっていたシュヴァンクマイエルを見てハマって、

 

ヤン・シュヴァンクマイエル 悦楽共犯者 [DVD]

 

そこからチェコアニメ色々見るのにアップリンクイメージフォーラムユーロスペース?記憶が曖昧ですが渋谷の映画館行ったり、

あとはチェコじゃないのでちょっと脱線するけどロシアのノルシュテインとか、

ノルシュテインラピュタ阿佐ヶ谷だなー。おおちゃんとページがある)

Laputa 

 

カチャーノフのミトン(犬になるやつ)とか、チェブラーシカも好きなんです。 

 

なんてことを店長さんや居合わせたお客さんとお話したり、

ダーシェンカグッズも少しあったかな、

チャペック兄弟も興味あったなーとか色々思い出したりしつつ、

(弟のカレル・チャペックが小説家で、お兄さんのヨゼフが挿絵を書いています)

 

ダーシェンカ (Picture Friends 006)

 

目的通り『ポムネンカ』のDVDを買って帰りました。

 

チェコアニメの魅力を簡単に書くと、

まず人形とか、何気ないもの、ちょっとガラクタみたいなものが動くのがすごいな!と思って、そういう、物に命が宿るとか、短編ものはセリフもなかったりするけどそれでなんか伝わるんだなーと思ったのが興味を持ったきっかけで、長編になるとチェコの生活風景なんかも描かれたりしてて、それでハマったって感じです。

 

店長さんはチェコに行って直接監督さんとお話されたり、日本語版のDVDの製作も携わっているようで、色々お話をしてくれたので、興味のある方、おすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

目次はじめました。~POPS Parade Festival 2018 の感想

こんなところまで来てくれてどうもありがとう。

ぶっちゃけこのブログ、読みづらいよね??

「えー?」「そんなことないよー」

いいのいいの、わかっちゃいたけど、思い浮かんだことあれもこれも色々書きたい!そんでもってせっかく書くからには誰かに届けー!でも読まれるのすっごいはずかしいんだよなーと思って書いてるから、ちょっと読みづらいぐらいがいいんだよ!と

あえての(?)長文ブログなわけなんだけど、でもやっぱ気になったので調べてみたら、目次とか見出しとか?なんかできそうってことで、導入してみました!

今までだらだらと付き合わせてしまってすまなかった。

これからもっと調べて色々やってみるんで、

みなさんも自由に楽しんでってください。

「 ワー!」

(やっぱ読みづらかったんだな…)

 

<本日のお品書き>

 ♪ 3月4日(日)POPS Parade Festival 2018 @高円寺highの感想 ♪ 

 

 

 

開場前

POPS Parade Festivalは昨年秀樹さんと高野寛さんを見に行ったので今回で2度目。

会場は前回と同じ高円寺HIGHで、この会場は昨年原始神母も見たので3回目。

15時くらいに高円寺に着いて(ほんとはもうちょっと早く行きたかったけど)

少しブラブラして、こんなん見かけて(笑)

f:id:hioka201712:20180305224459j:image

コンビニでおにぎり買って、15時半過ぎに会場に到着。

 

f:id:hioka201712:20180307152409j:plain


チケットを引き換えたら向かいの公園でおにぎり食べつつ

スマホで浦和vs広島をダゾーンで少し見て

(長澤がドリブルで切れ込んでシュートまでいくシーンがよかった)、

時間になったら入場。うん、バッチリ。

 

会場内

2時間くらいのライブだとドリンクは終了してからもらうんだけど、

今日は長丁場なので先にドリンクをもらいに行ったら、カウンター横に粋な計らいが(笑)。

ありがたくいただきました。


f:id:hioka201712:20180306001548j:image 

Contrary Parade

オープニングアクトはContrary Parade。

ボーカル&キーボードの女性ソロのようです。

はじめに2曲1人で弾き語りをされて、後半はバンドで。

可愛い。高音がしっかり出て聴かせてくれます。

K-MIX(静岡のラジオ局)で番組をされているそうです。

へー。(静岡にちょっとゆかりあるもんで反応してしまう)

 

杉本清

続いて、杉本清貴さん(ボーカル&キーボード)。

昨年フィッシュマンズのカバーをされてめっちゃよかったですね。

今回演奏された「コスモハイウェイ」や「グッバイレイディ」は前回も聴いたかな。

ベースとドラムを加えてのトリオ編成。

ベン・フォールズ・ファイヴといえば想像しやすい?

最後の方に演奏された新曲はサビでベースの方と掛け合いっぽく歌ってて意外性がありました。

 

黒沢秀樹

3番目、バンド編成の秀樹さん。よかったです。

特にいいな!と思ったのは「気ままなlove song」。

ツイートもしたけど、3拍子が決まっててかっこよかった。

日の名残り」や「wonderful summer」もよかった。

成瀬さんのラジオで3(土)と、このライブのあった4(日)朝の再放送にLR特集で「RED & BLUE」を久々に聴いたタイミングだからか、アンサーソングというわけではないけど、なんだか対になるような、その後その先を歌っているような部分があるように感じました。

Endless Harmony」のヒデキコール、バンドの皆さんもニコニコ笑顔で楽しかった。

私はベースの田中さん側で見ていましたが、田中さん、かっこよかったです!

サニーデイってほとんど聴いたことなくて(スミマセン)調べてみたら、ラーメンの話ばかり出てくるのですが(笑)。

へー、でもあんなにスタイルいいんですね、すごい。

 

えー、秀樹さんに話を戻し、ラストの「welcome to dreamsville」を歌う前だったか別のタイミングだったか、「最近引っ越しをしたけどレコードっていうのは引っ越し屋さんに嫌がられる(苦笑)。なので最近ちょっとレコード買うの控えてるけど、2018年に自分の曲がレコードになって嬉しい」みたいなお話をされてました。(今回のコンピレコードの話だから「夢の地図」のときだったかも?うーん覚えてない!)

 

高橋徹也

秀樹さんの次に出てこられた高橋徹也さん。

すみません、全く知らなかったのですが、曲がいい。歌がいい。

今回のイベントの出演者について、

「若い頃周りはみんなライバル!と思ってたけど(注:とんがってたってこと?)、

今は同じ位の年だと聞くと、おぉお〜(注:親近感?)みたく思う」的な話をされたり(注:かなり意訳してます)、「オリンピック見まして」と静かに熱く語ってらして、MCもなんだか独特で面白かったです(笑)。

高橋さんのボーカル&ギターとサポートのベースのみ、という編成は実は現場ではどう捉えていいのか私の中で消化できなくて…   ʕ•ᴥ•ʔ 

でもすごい気になって、CD(「The endless Summer」)買って帰って早速聴いてますが、すごくいいですね。

このCDに入っている「The Orchestra」と「夜明けのフリーウェイ」を演奏されてたと思うのですが、「夜明けのフリーウェイ」で手拍子してすごく盛り上がりました。

うん、もう一度ライブで見てみたいです。

 

Swinging Popsicle

高橋さんの次はSwinging Popsicle

名前は聞いたことあるけど曲は全く知りませんでした。

でも行く前に少しYoutubeで聞いたら良さげな曲ばかりだったのと、

ギターの嶋田さんがFace to Ace ( 聖飢魔IIのエース長官ことACEさんと本田海月さんのユニット ) のサポートをされているそうで楽しみにしていたら期待通りというか、ギター弾きまくってくれて、「これこれ!」とここ最近のライブ体験に近いもの (嶋田さんなどサポート不在versionですが、1月に聖飢魔IIジェイル大橋代官ことTOさんのライブでFTA見たばかり)が感じられて嬉しかったな。

MC短めで曲をガンガンやってくれて迫力あるバンドサウンドが聴けてとてもよかったです。

曲名はわかりませんが、手拍子を効果的に取り入れてる曲や、

曲の終盤になってボーカルの藤島さんがアコギ持って弾き出したり、色々工夫があっておもしろかったです。

サニーデイの田中さんがラーメン好きだそうですが、Swinging Popsicleのサポートのパワフルなドラムの方、美味しいラーメン屋さんの店員さんぽい、と妄想してました・笑)

 

 

KACTUS with friend Kenichi Kurosawa Tribute

 

ラストはKACTUS with friend Kenichi Kurosawa Tribute 

シゲさん・タロさんはお台場カルカルや "BEST VALUE”のインストアイベントやツアーで何度か拝見しているし、KACTUSはビルボード東京の1stと、昨年原宿クロコダイルのライブに行きました。

まあでも久々、でいいのかな。

シゲさんの楽しいMCと、渋い音・綺麗なコーラスを聞かせてくれるKACTUSの演奏がまた見られてよかったです。

 

1曲目はアリゾナを旅した時の曲?

健一さんたちとアメリカ旅行して、健一さんがさびれた町に行くと目を輝かせる、

とか、アリゾナのおじいさんに健一さんの曲を聴かせた、という話をされてたかな。

 

2曲目も曲名わかりませんが、健一さんが入院して、手術して、ちょっと良くなった時リハビリと称してシゲさんと練習をしてた時シゲさんが作った曲を健一さんに聴かせたら「いいね」と言ってくれたそうで、「黒沢健一がいいねと言った曲です!」と紹介されてました。

ちょっとMAYBEぽいところがあったように思うので、今度音源欲しいなあ。

 

3曲目、「with friend」の秀樹さんが登場。

秀樹さんのアコギ(エレアコ?)がハミングバードで、シゲさんはその上位機種・兄貴分のダブを持っているので、「鳥で揃えよう」という話をしていたそうですが、シゲさんが急遽「黒沢健一やるならタカミネだろう」と思い、シゲさんのギターはタカミネでした。

うん、そうだね、健一さんといえば。でもちょっと秀樹さんかわいそう(笑)。

 

ギターについて、少し調べてみました。

ハミングバード=ハチドリ、ダブ=ハト で鳥ってことですね。

www.shimamura.co.jp

 

さて、秀樹さんと一緒に何をやるのかな、と思ったら

ALL I WANT IS YOU」!

聴けてよかったです。行った甲斐ありました。

LIVE TIME BEST TOUR 2015 "BEST VALUE にて

シゲさん・タロさんのコーラスが聴けますが、

生で聴くフルKACTUSのコーラスの迫力たるや。 

めっちゃよかったです!

ぜひまた聴きたいです。

 

続いて、「遠くまで」を秀樹さんが歌ってくれて。

「遠くまで」はすごく好きな曲だったけど、上手くいかないこともあるからなあ、と個人的にはちょっと聴きにくくなってしまったけれど、でも曲としてはやっぱりすごくいい曲なんで、たくさんカバーして欲しいような、まだちょっと時間かかるような、、

歌ってくれるのは嬉しい、という気持ちがあるのは確かなのですが。

 

でも、秀樹さんが健一さんの曲を歌うのは、201612月の新代田FEVERの時の心境とは違って(「昨年2月に書いた文」)、今回は秀樹さんなりの歌い回しで歌ってくれるのがすごくいいと思いました。

時間とともに感じ方って変化していくんだな。

ALL I WANT IS YOUの流れでこれを書きながら

「 LIVE TIME BEST TOUR 2015 "BEST VALUE”」を聴いていたら

「MAYBE」になって、今(※この部分は3/5に執筆)雨が降っているし、

〝どれくらいの時を待てば見えるだろう

短い間に変わる夢から醒めてゆくように〟

がなんだか沁みました。

 

秀樹さんが退場して、演奏されたのは健一さんの最新アルバム『Hear Me Now』に収録されている「Dream of life」。

健一さんの作った曲を、今目の前にしている皆さんが形にして届けてくれたんだなあということと、健一さんのことを思って書かれた歌詞とを考えながら聴きました。

  

シゲさんMC

MCについて、どのタイミングでお話されたかとか、正確かどうかもかーなーり怪しいですが、覚えている範囲で書いてみます。

 

まず、今回のバンド名(KACTUS with friend Kenichi Kurosawa Tribute)について。

本当はもう一人若いfriendがくるかもと、はじめバンド名を「friends」と複数形にしてたけど、残念ながらスケジュールの都合で今回は不参加になってしまったようです。

あの曲絶対盛り上がると思うし、「オーライ、シゲさん」聞きたいから、

またの機会があるといいな。

この日シゲさんは赤いシャツを着ていて、KATCUSの他のメンバー皆さんも割と赤系の衣装で、対して秀樹さんは白シャツに黒ズボンという格好。

シゲさんが「赤と白で紅白みたいでめでたい」と言っていました(笑)。 

シゲさんの着ていた赤いシャツはペンドルトンのもので、アメリカ旅行中にセールか何かで安く売っていて、すごく欲しいけどサイズが小さい…どうしよう…と悩んでいたら、向こうから小さい男がやって来たので(笑)、彼に買わせて(笑)、その後シゲさんがもらった(?)んだそうです。

アーカイブス1の9月6日に赤いシャツ(&青いシャツ)、サンタフェで購入とありますね

http://feature.k-kurosawa.com/?month=201702

 

その彼はシゲさん曰く「やっぱりトンチンカン(笑)」だそうで、

シゲさんはアメリカの街ではかなり有名で、

アーカイブス1の9月4日にも書かれていますが、

ホテルの予約を入れただけでライブすることに自動的になっちゃうくらい!)

シゲさんが健一さんに

「俺はこの街では安倍晋三より有名だぞ」と言ったらなぜか健一さんは

「うんうん、あべ静江より有名だね」って。

皆さん、その時は(「?」と思いつつ?)スルーして、あとで

「健一くん、あべ静江って言ってた?」とざわざわしたとか(笑)。

 

「Dream of life」の次にそんなアメリカの街についての曲を、

「声だしてこう!」("BEST VALUE”ツアーで「show must go on」を演奏する前にも言っていましたね)とロックにやってくれました。

 

多分、この1曲目じゃないかな。
VI(ヴイアイ)とかエルヴィスは〜に聞き覚えが。

(「Viva Las Vegas NM」かな?

エルヴィスの曲にもありますね。

通販でも買えるみたいだけど、今度ライブ行った時買おう。)

KACTUS(カクタス)OFFICIAL WEB DISCOGRAPHY

 

そしてラストは「Rock'n' Roll Band」。

MCで健一さんとのアメリカ旅行の時のことを話してくれたこともあってか、聴いていたら、

初めてこの曲を聴いたのは横浜赤レンガで、それからお台場カルカルや赤坂BLITZで聴いて…と自然と思い出されて、

この曲はこれからもシゲさんがいろんなところに連れて行ってくれてたくさんの人に届けてくれるんじゃないかな。

なんて思いました。

そして帰りの電車で松尾芭蕉奥の細道(「月日は百代の過客にして〜」)

を検索してみたり(笑)。

ライブの前日に鹿島(鹿島vsガンバ大阪)に行きたかったけど行くのやめたのでちょっと頭に芭蕉がいたのかも?(鹿島紀行ってのがあるんですよ)

 

みんなでSESSION

KACTUSの演目が終わり、今回出演された皆さんがステージに再登場してみんなでセッションです。

昨年は高野さんがいらしたから、トッドの「I Saw The Light(日本語版)」だったんですよね。考えてみたらすごかった。

今回は何をやるんだろう、とセッティングしてる皆さんを見ていたら、

シゲさんがお話して場を繋いでくれてたんですが、そこで

「今日カポつける位置間違えて焦った〜」と

健一さんのカポ師匠(笑)らしからぬカミングアウト。

秀樹さんに「シゲさんほどのベテランでも!?」と突っ込まれて

「いやいや、まだ若造ですから」となんともお茶目なシゲさん。

誰かさんのいたずらだったのかもしれないですね。

さて、セッションの曲ですが、

詳しくはシゲさんがブログで書いてくださってますが

ロイオービソンの 「Oh, Pretty Woman」でした!

 

茂村 泰彦 OFFICIAL WEB

 

皆さんそれぞれ持ち味を発揮して演奏されて、とても盛り上がりました。

個人的には、高橋さんが持っていた小型の電子楽器が気になりました。

(シゲさんも「なんなんだ、それは!(笑)」みたく突っ込んでました・笑)

高橋さんが楽器についてツイートしてくれてますね。

「スタイロフォン」というそうです。

 

 

フィナーレ

以上でイベント終了!

帰り支度を〜と思ったところで場内BGMとして流れてきたのは、

健一さんのALL I WANT IS YOU」!

今回のコンピアルバムに収録されているライブバージョンだったと思います。

場内の健一さんファンが即座に反応し、みんなでLet's Singing!

思い思いに自然発生的に歌声が広がり、

「Everybody clap your hands now!」

ではもちろん手拍子。

すごくすごく、いい締めだったと思います ♪

選曲が得意なフレンズ、すごーい!

(最後の最後で男性ボーカルだったかな?のジャパリパークが流れたんですよ…笑)

音楽好きなフレンズのみなさん、

素敵なイベントをどうもありがとうございました。 


f:id:hioka201712:20180307164247j:image

 

 

 

週末のラジオ(2月4週)の感想

前から聞いていた番組と最近聞き始めた番組で土日のラジオ聴取がエライコッチャです。

Jリーグも開幕したし、いつまで続けられるかわかりませんが、週末ラジオの感想を、さらっとなら書けるかも?と思って書いてみます。

 

まずは、MIND-O-NATIONの2/25放送分の感想。

・MIND-O-NATION

FM豊橋(アプリで聴けます)で土曜19時-20時に放送している番組。

 今週はジェフ・リン特集でした。

以前から番組でジェフ・リンプロデュースの作品を取り上げていたり、トラヴェリング・ウィルベリーズ(メンバー:ジョージ・ハリスンロイ・オービソン 、ジェフ・リン、トム・ペティボブ・ディランというすごいバンド!)の話をされたり、先月(1/27放送)ELOをかけたりされてましたもんね。

 

私はジェフ・リンって「ELOの人」「ビートルズ好きな人」という漠然とイメージしかなく…

ユニコーンが好きだった時、たしかアルバム『ヒゲとボイン』発売当時にパチパチという音楽雑誌で〝『ヒデとボイン』を外国人に聴かせてみよう〟という企画があって、そこでアルバムラスト曲の「ヒゲとボイン」を聴いた人の感想が「ELOみたい」だったのがなぜか印象に残っていて、その後、「Free As A Bird」はジェフ・リンプロデュースだとか、ドラマ「電車男」の主題歌がELOで、ちょっと聴いてみるかなーと思ってベスト盤を聴いてみたり…となんともおぼろげな記憶があるのみ。

 

 今回の特集を機に、もうちょっと詳しく知りたいかも、と検索してみたら、、

おお、また市川さんだ(笑)。この間紹介しておいてよかった。

という訳でELOとジェフ・リンについて、大まかなことは下の記事をどうぞー↓

↑読みました?

あ、ELOのデビューアルバムの邦題が『踊るヴァイオリン群とエレクトリック・ロックそしてヴォーカルは如何に』というのはどこかでみたことあるかも(笑)。

へー、はじめはプログレバンドだったんだ!(ちょっと興味が出た)

 L⇔R・健一さんファンとしては、へー、ポールの『フレミング・パイ』や、ブライアンのプロデュースもしてたんだ!と今頃気がつき…(アルバム『ブライアン・ウィルソン』持っているのですが)

 ↓こちらの記事に、自身がプロデュースした曲についてジェフ・リンが語っています。

ブライアンのことリスペクトしまくりで、めっちゃいい人そうですね!

番組の感想として、

まずオンエアされたのは以下の10曲なのですが(番組のBlogより)

 

M1. I Won't Back Down / Tom Petty (Full Moon Fever / 1989)

M2. When We Was Fab / George Harrison (Cloud 9 / 1987)

M3. Inside Out / Traveling Wilburys (Traveling Wilburys Vol.3 / 1990)

M4. Shine a Little Love / Electric Light Orchestra (Discovery / 1979)

M5. Free as a Bird / The Beatles (Free as a Bird [Single] / 1995)

M6. Walk Away / Del Shannon (Rock On ! / 1990)

M7. Every Little Thing / Jeff Lynne (Armchair Theatre / 1990)

M8.Junk / Jeff Lynne (The Art Of McCartney / 2014)

M9. When I Was A Boy / Jeff Lynne's ELO (Wembley Or Bust / 2017)

M10.You Belong To Me / Bryan Adams (Get Up / 2015)

 

M2で「Fab4」の話が出てわーおと思いました。

ジョージのアルバム『Cloud 9 』からはこの番組で以前も別の曲をかけてくれていたと思うので、今こうして文章書きつつ『Cloud 9 』、聴きました〜。

クラウド・ナイン (CCCD)

クラウド・ナイン (CCCD)

 

 この曲知ってる!けどジョージの曲だって最近まで知らんかった!^^;

 

冒頭にユニコーンのことを書いたのはM4を聴いたため。

ダッタカダッタカってドラムが印象的だなーと。

夢で逢えたら」でウッチャンが苦労してたなあって…

わあYoutubeにある〜。すごい〜。

(12:53から。ちなみに「この曲いい曲だよなー」とおっしゃってるのはデーモン閣下だし、10:14〜でBAKUが見れます!)

 

 市川さんの記事にはパフィーが出てきてますね。

アジアの純真」と、、「渚にまつわるエトセトラ」にも風味を感じるけど、どうだろう?(パフィーの映像を見るとついついきーちゃんを探しちゃいます←見つけられなかったので貼らないw)

 

M5の「Free As A Bird」は…。

ビートルズはバンドだからまた違うけど、生前残したデモテープを、って話に色々考えちゃいます。

それから、デル・シャノンもプロデュースしていたという話になり、

デル・シャノン!知ってるけど「悲しき街角」しか知らない! と思っていたら

パーソナリティーの高木さんが「Runawayくらいしか有名じゃないけど」的なことおっしゃって、調べてみたら「Runaway=悲しき街角」でした。

邦題と原題が結びついてなかったー。

 

そしてそして、2014年にそうそうたる面々がポールマッカートニーの曲をカバーした

『The art of mccartney』というアルバムが出ていて、そこでジェフ・リンがカバーしているのが、と流れたのがM8の「Junk」でした。

おお、健’zで聞き直していたところだったのでなんともタイムリーな。

パーソナリティーの高木さん曰く、Junkは「隙間的な曲だけどファンから人気が高い」曲だそうで。

健’zとジェフ・リンが同じ曲カバーしてるってなんだか興味深いですね。 

Art of Mccartney (2CD)

Art of Mccartney (2CD)

 

 

あとはラジオからは離れますが、

「Junk」の映像を見ていてたら、次に流れたのがこれ。

ジェフリンとジョージの息子ダニーとジョー・ウォルシュで「Something」。

2014年グラミーの翌日に行われたものだそうで、ポールやリンゴの姿も。

 

以上、よく知らないと思いつつ実はなんとなく知ってて知らないうちに聴いているかもしれない、ジェフ・リン(の作品)についてでした。

例えば、この車のCMソングもELOだし。

 

 「Mr. Blue Sky」という曲なのですが、ユニコーン知ってる人が聴いたら

「車も電話もないけれど」じゃん!ってなるかもですね。

 

 ジェフ・リンについてもっと詳しく、という方は下の記事良さそうです。

こうしてまとめてみると、なんかトッド・ラングレンと似ている?ところがあるのかな、と思いました。

ビートルズ好き(健一さんがライナー書いてた『Faithful』というアルバムでビートルズビーチボーイズなどのナンバーを完コピしている)、元メンバーと仕事してる(リンゴスターwith his friends)など共通点あるし、ユートピア、ツアーやるみたいなので、どこかでトッド・ラングレンの特集やってくれたらいいなあ。

 

 

 

続いて、成瀬秀樹のPOP A to Zの2/25放送分の感想。

・成瀬秀樹のPOP A to Z

インタネットラジオRadicroで土曜22時30分-23時に放送している番組。

(放送から1週間、前回放送分が聞けます)

radicro.com

 

2月4週は「K」のリクエスト大会でした。

健一さんの曲はかかりませんでしたが、

1曲目が

Kinks「You Really Got Me

2曲目が

The KnackMy Sharona

って、MOTORWORKSのカバーナンバーじゃん!と嬉しかったです。

3曲目の

KEITH(キース) 98.6

は初めて聴きましたがいい曲だなあ♪

 他にも、

ビーチボーイズ「Kokomo ココモ 」

(この時ブライアンはいませんが…との成瀬さんのコメントあり)

ダリルホール&ジョンオーツ「Kiss on my list

など、健一さん、L⇔Rのおかげで知ったアーティストの曲が流れたり、

初めて聴いたけどいい曲だなと思ったり、楽しかったです。

 

私もキンクスにリクエストしましたが、「You Really Got Me」ではなく、

この曲にしました〜(かからなかったけど)。 

 Kinksの「Top of the pops」。

健一さんファンはイントロを聴いて「あっ」と思うのでは。

アルバム『Lola Versus Powerman and the Moneygoround, Pt. One

(ローラ対パワーマン、マネーゴラウンド組-第一回戦)』収録曲です。

キンクスはよくわかってないけどなんか好きですね。

この曲も、60年代から約40年BBCで実際に放送していた音楽番組のタイトルだそうだし、途中で「ナーナナナナー」ってなんだっけ?(検索)へー、ダンス天国っていうんだーとか、英語とかもっと色々わかればもっと楽しめるんだろうなあ。

 

以上が土曜のラジオで、

日曜は、山下達郎さんの「サンデー・ソングブック」と、

サンデー・ソングブック|山下達郎 OFFICIAL SITE

 

最近草野マサムネさんの「ロック大陸漫遊記」が始まって、ツイッターでまわりに聴いてる人が多いので聴き始めました。

(リアタイ無理な場合はradikoのタイムフリーを利用♪)

www.tfm.co.jp

先週、今週はスピッツメンバーみなさん出演されて、いいですねえ。。。

そして、スピッツのみなさん、メタルお好きなんですね…

(モタワ関係で田村さんと石田さんのお話聞いてうっすら知りつつありましたが)

私は聖飢魔Ⅱ好きなくせしてメタルってほとんど聴いたことないので、勉強になりました!

 

以上、週末のラジオの感想でした〜。

 

やっぱ大変だから毎週は感想書けなさそう!

 

 

『成瀬英樹のPOP A to Z』 第47回(2018年2月17日放送分)「黒沢健一特集 Vol.3」の感想

ミュージシャンの成瀬英樹さんがインターネットラジオRadiCroでやられているラジオ番組 『成瀬英樹のPOP A to Z』 第47回(2018年2月17日放送分)「黒沢健一特集 Vol.3」を聞いての感想です、

が…

 

いや、もう、ラストの曲に持ってかれちゃって、感想書きにくいです。。。

 

ひとまず、オンエア曲について。

 

第3回は健’z with Friends 特集でした。

 

健’z with Friends(紙ジャケット仕様)

健’z with Friends(紙ジャケット仕様)

 

 (※ 現在入手困難だと思いますが…)

 

第2回の健’z特集と同様、オリジナルとカバーを聴き比べたり、という構成だったので

曲名とソングライター(作詞 / 作曲)を先に書きます。

 

<オンエア楽曲>

 ・オープニング:L⇔R 「KNOCKIN' ON YOUR DOOR」

 

 

[1曲目]

RUBY BABY」 (Jerry Leiber / Mike Stoller)

 

 ※ 成瀬さんの曲紹介

〝アメリカのソングライターチーム、リーバー&ストーラーの名曲、「RUBY BABY」。今夜は1962年のDIONのバージョンでお届けします〟

 

まずは、

DIONVersion 


続いて

 

健’z with FriendsのVersion

 

 

[2曲目]

「Leaves That Are Green」 (Paul Simon

 

※ 成瀬さんの曲紹介

ポール・サイモンサイモン&ガーファンクル時代の名曲、「Leaves That Are Green」。こちらも、健’z with Friends で〟

 

健’z with Friends  Version のみ。

 

[3曲目]

「Diary」 (David Gates)

 

※ 成瀬さんの曲紹介

〝ブレッド。1972年の美しいナンバー・黒沢健一の名唱、そしてブレッドのオリジナルバージョンと続けてお聴きください。「Diary」〟

 

健’z with Friends  Version

に続き、

・Bread   Version  

 

 

<短いインターバルを挟んで>

 

健’z with Friends の2005年大阪バナナホールの話。

これはほんとラジオを聞いていただくのが一番いいです。

成瀬さんが健’z with Friends のライブを見た感想と、楽屋での健一さんとのやり取りを話してくださってました。

 

  

[4曲目]

「Surf's Up」 (Van Dyke ParksBrian Wilson

 

※まず 、 

The Beach Boys  のを聴き、

(どのバージョン?わからん…)

 

 

成瀬さんの曲紹介

The Beach Boysの「Surf's Up」。非常に難曲、難しい曲ですよね。

ブライアン・ウィルソンバンドのバンマス的存在だった、ダリアン・サハナジャも、健’z with Friends の、このカバーversionを絶賛したと聞きました。

聴いてください。健’z with Friends Versionで「Surf's Up」〟

 

健’z with Friends  Version

 

[5曲目]

「Don't Talk」 (Tony Asher / Brian Wilson

 

健’z with Friends  Version

 

そして… 

[6曲目(エンディング)] 

「God Only Knows」 (Tony Asher / Brian Wilson

 

黒沢健一 Version (アルバム『LIVE without electricity』より)

 

以上がオンエア曲でした。

 

 

以下、感想というか、なんかもう思いつくまま書いちゃいます。

 

「Surf's Up」と「Don't Talk」はアルバム『健’z with Friends』の1曲目、2曲目なので、「おお、ビーチボーイズ続けてだ」と思いましたね。

「Don't Talk」と「God Only Knows」も、『ペットサウンズ』繋がりか〜、

なんてほんの一瞬思ってしまって、

いや、健一さんの渋谷DUOでの「God Only Knows」がラジオから流れてる!?

とわずかに遅れて気がつきました。

今回は健’z with Friends 特集だと思っていたので完全に油断していました。

しかも成瀬さんが歌詞の和訳を読み上げてくださって…

 

f:id:hioka201712:20180219202325j:plain

ブライアン・ウィルソンFacebookより)

 

元々この2007年渋谷DUOでのライブは、

1回目のアンコールに応えて歌ってくれた「God Only Knows」は、

私がライブで体感した健一さんの歌・パフォーマンスの中でも強く印象に残っているもので、

健一さんが音楽の神様に向けて歌っているみたいだと

その時感じたのを今でも思い出せます。

 

当時の感覚としてはそれはそれとして、いい思い出です。

 

が、全く油断していて不意にラジオから流れてくるって、

なんだかそれもまたすごくライブ感があって。

しかも歌詞の和訳を読んでくださるって…

 

この曲の歌詞、全部すごいと思うんですけど、

特に1番の終わりから2番にかけてのところ、

 

God onry knows   what I'd be without You.

    If you should ever leave me

    Though life would go on believe me

    The world could show nothing to me

   So what good would living do me?

 

 

2016年10月、健一さんの闘病の知らせを受け、

その時はまだ「そんなこと考えられないんだからね?」と

末尾に「?」をつけて良い知らせが届くのを願って聴いていたけれど、

 

 

それからたったの2ヶ月後の12月に、

君がいなくなったら、とか、

これから私の世界はどうなっちゃうんだろう、とか、が、

現実になってしまったということ、なのかな…

といまいち実感が伴わないまま、聴いたことを思い出してしまいました。

 

『LIVE without electricity』はMCも多めに収録されていて、

番組では曲が終わってのお客さんのアンコールを熱望する拍手やかけ声や歓声、

お客さんに応えて健一さんがみんなに語りかけてくれているところまで

放送してくださいました。

 

ああ、音楽はもちろんだけど、それだけじゃなく、健一さんのこういうところもすごく好きなんだよなあ…。

 

健一さんのライブ会場で感じたやさしくてあたたかい時間を思い出し、

しんみり。。

番組中盤で成瀬さんが健一さんとのエピソードを話してくれたことも、

黒沢健一の音楽だけでなくそれ以上のことを伝えようとしてくれたのかな。

 

 

30分という放送時間がとても短く、でもものすごく濃く感じられる構成や選曲で、

そのこだわりから健一さんへの愛情がビシビシ伝わってきて

すごい特集でした。

聞けて本当によかったです。

素晴らしい特集をありがとうございました。

 

来週は「K」のリクエスト特集。

私もお礼のメールと共にリクエストを送ったので、来週も楽しみですし、

来月は「L」の特集なので、これからもこの番組、聞いていきたいです。

 

 

 <RadiCro『成瀬英樹のPOP A to Z』のサイトはこちら>

 

 

 

 (余談)

ほんとラスト曲の衝撃がすごかったのですが、実はジャブ的要素として、

この日は日中男子フィギュアスケートの羽生選手と宇野選手のワンツーフィニッシュ

=金メダル・銀メダル獲得があり、

19時からは大橋さんのラジオ番組(mind-o-nation)でちょうど1ヶ月前の1月17日に行ったライブの音源がかかり、

ちょっと気持ちが高ぶっていたのかもしれません。

(こういうところ、God only knowsの歌い出しの〝I may not always love you〟と

  カブるかなあと思って、、いやほんとすごい歌詞だなあ ^^;)

 

そしてm-o-nで「ちょうど1ヶ月前」というのを聞いて、

ほぼ1年前の2017年2月22日に、『LIVE without electricity』と同じ会場の

渋谷DUO MUSIC EXCHANGESLAPP HAPPYの来日公演を見たことを思い出しました。

 

特に印象的だったのが、アルバム『Ça va(サヴァ)』1曲目に収録されている

「Scarred for Life」で、歌詞の意味が全部わかるわけじゃないけど、

〝Leave me scarred for life 

   And If we never meet again  〟

というところがあるんですよ。

 

ハンター×ハンターのゴンさんがピトーと戦ってカイトと同じ様に負傷した時に「少し嬉しい」と思う感じと近いですかね(違うって?? あっ、まだ新刊買ってないや)

 

 

ちなみに作詞/作曲したメンバーのピーター・ブレグヴァドさんはXTCのアンディ・パートリッジと一緒にアルバム作ったりしてます。(欲しい)

 

 

今回はひとまずこれで。

 

書き直したり追記・別記事?書くかも?

 

 

 

Morning Sun

ブログを初めて早2ヶ月。

ひとまず何か書くところが欲しくて、タイトルは色々考えたけどしっくりこなくてシンプル(ていうかデフォ設定)そのものだし、ほんとはIDももっと洒落たものにすればよかったし(IDがアドレスになるんだったとは。。。)、記事を上げたあとで「あれ書いてなかった」「あれじゃ分かりにくいかな」と追記追記のオンパレードでどんどん文が長くなる、、、

そういえば小学生の時、「作文が苦手」という話になって、大体の子が「何書いていいかわかんない」と言う中、「書くとすごい長くなる」のが悩みでした。変わってない(笑)。もうちょっと簡潔にいい感じのこと書けたらいいんですけどね。

 

なんてことを考えてたら思い出したフレーズが

「とりとめない話をしようよ」。

 

おお!健ちゃんいいこと言う!

そうだよ、そういうブログでいいじゃんねー。

で、ブログタイトルにこのフレーズを加えさせていただきました。

ほんとはタイトル自体変えようかと思いましたが、

「Mornig Sun」

…うーん、ちょっと私には眩しすぎる(笑)。

やっぱりフレーズだけお借りします。

 

でね、改めて聴くといい曲・いい歌詞ですね。

 

ブログ書いていると夜中や明け方になっちゃうことあるし、

上に書いたように「あれ忘れてた〜」とか「違ってた〜」とか、

「これってこうだよね」じゃなくて「こうだったかも!」ってこともあるし、

「追えてなかったことにこんなことが」っていうのもある。

「何を書こうかなー」と悩む時もあれば「これ書きたい!」って急に思って止まらないこともある(何かがそばに来たのかな?)。

 

健一さんの歌詞、ふとした時に「あっ」ってわかる時があって、

そういう発見があるので好きですね。

 

私の場合、今こうしてブログ書いてるからそういう気持ちかなと思ったけれど、

健一さんが曲を作る時の気持ちってこうなのかなって想像したり、

人間関係に置き換えて考えてみてもいいかもしれないですね。

 

Morning Sun

Morning Sun

  • provided courtesy of iTunes

  

 

黒沢健一さん提供曲についてもう少し語ろう。

 『成瀬英樹のPOP A to Z』 第45回(2018年2月3日放送分)「黒沢健一特集 Vol.1」は「ソングライターとしての黒沢健一」ということで

健ちゃんの提供曲を7曲かけてくださったのですが、各曲+αをもう少し語りたいな〜という記事です。

(私が知ってること+興味が湧いて調べたことをだーっと自己満足に並べただけともいう^^;)

 

 おさらいですが、

成瀬英樹のPOP A to Z』 第45回(2018年2月3日放送分)「黒沢健一特集 Vol.1」でオンエアされた健一さん提供曲はこちら。

 

藤木直人「グッド・オールド・サマー・デイズ」Al収録/コーラス

森高千里「気分爽快」Sg 作曲

永作博美 「My Home Town」Sg 作曲

島田奈美 「HE LOVERS HERAl収録 作曲 

南野陽子 「それは夏の午後」Al収録 作曲

稲垣潤一 「Double meaningAl収録 作曲

杏子 「BABY QUEEN AlJust』収録 作詞/作曲

 

ほんじゃ、まず藤木さんから〜

 

藤木直人「グッド・オールド・サマー・デイズ」

(2004年7月28日リリース『夏歌ウ者ハ冬泣ク』収録)

作詞:黒沢健一シライシ紗トリ  作曲:黒沢健一

 

6曲入りミニアルバム?EP?『夏歌ウ者ハ冬泣ク』収録ですね。

(これは持っています!)

L⇔Rの「アイネ〜」のカバーやRollyさん提供曲などバラエティに富んだ1枚。

元々藤木さんがL⇔Rが好きで、「アイネをカバーしたい」と言ってくださったところから始まった話のようです。

昨年(2017年)の藤木さんのツアーでも「アイネ」と「グッド・オールド・サマー・デイズ」を歌われたと記事や藤木さんのファンの方のブログで読みました。嬉しいですね。

 また、この藤木さんのCDをプロデュースされたのがシライシ紗トリさんだったというところから、「Feel it」と「POP SONG」のプロデュースもシライシさんにお願いしたようです。(PAPER SLEEVE COLLECtiON vol.1参照)

(ちなみに『夏歌ウ者ハ冬泣ク』の歌詞カードによると、「グッド・オールド・サマー・デイズ」のベースは山口寛雄さんとのこと!)

f:id:hioka201712:20180214020723j:plain

この曲はホントに好きで、昔友人たちと夏にやったDJイベントでもかけさせてもらいました。ぜひ健一さんにセルフカバーしてほしかったんですけどね。久々にラジオで聴いて、「雲を追いかけていく」ってのっけからハモってて、全編に渡ってコーラスが入ってて、すごくいいですね。

 

  

森高千里 「気分爽快」

(1994年1月31日リリース)

作詞:森高千里  作曲:黒沢健一  編曲:高橋諭一

 

この曲は説明不要ですかね。

アサヒビールのCMソングで、オリコンチャート3位(とwikiにありました)。

シングルでリリースされ、ベストアルバムに収録されているようです。

確か、森高さんは嶺川さんと高校の同級生だったとか?(何かで読んだ気が…なんだっけ)

あと、きーちゃんが「リッケン持ったすごい可愛い子がいる!」って森高さんのことが好きで、江口さんと森高さんが結婚した時「でもなー江口さんもいい人なんだよなー」と悔しがっていたような気がしますw(※ノッキンが主題歌だった「僕らに愛を!」は江口さん主演で、打ち上げか何かに参加したとかだったような?)

 <追記

…こんなアバウトなこと書くより、L⇔Rが『笑っていいとも』に出たときお友達として紹介したのが森高さんだったとか(その時健一さんが「曲書いてるんですよ」とおっしゃってたような←いやこれは『HEY HEY HEY』で仲良い芸能人聞かれた時だったかも?)、「アイネ~」のシングル盤のC/Wの「そんな気分じゃない」(JAM TASTE Version)は森高さんがドラム叩いてるとかそういうこと書くべきでしたね!

 

「そんな気分じゃない」(JAM TASTE Version)はiTunesか、

B-side Collection

B-side Collection

 (現時点では)Amazonプライム会員ならこちらでも聴けます♪

※プライム特典はちょいちょい変わる可能性があります。

(増えることもあるし「以前聴けたのが聴けなくなってる」ってこともあり)

ちなみに現時点ではSpotifyにはなかったです。。

B-side to sea side

B-side to sea side

 

 

 「気分爽快」に戻りまして…曲は、ビートルズっぽいイントロからちょっと切ないBメロ、そしてポップで覚えやすいサビ、と名曲要素盛り沢山ですね!

でも私、この曲の歌詞がちょっと謎で…

デートを明日に控えた子ととことん飲みます?

早く帰してあげてーって思うんですけど(笑)。

 

 

永作博美 「My Home Town」

(1stシングル1993年8月4日リリース)

作詞:秋谷銀四郎  作曲:黒沢健一  編曲:亀田誠治 

   

秋谷銀四郎さんって存じなかったので検索してみたら、

株式会社ROHって、L⇔Rの所属事務所だったかな?

いい曲ですよねー。でも音源持ってない(^^;)

iTunesでありますね。Without You」も!

曲単位で購入するか、Apple Musicで聴けますね。

(私はSpotify派なのですが、Spotifyにもありました!)

My Home Town

My Home Town

  • provided courtesy of iTunes

 健ちゃんもLIVEでセルフカバーしていて、ボーナルトラック的な感じで音源もあったような…

あ、某所に…ありがとうございます!

 

 

 

島田奈美 「HE LOVERS HER

(1988年7月21日リリース『CURIOSITY』収録)

作詞:有川正紗子  作曲:黒沢健一

 

こちらも、曲単位で購入するか、Apple Musicで!

Spotifyには現時点ではありませんでした。。。)

HE LOVES HER

HE LOVES HER

  • provided courtesy of iTunes

わ〜、Baby Backだ〜。

あと、アレンジがちょこっと風の谷のナウシカっぽいかな?と思いました。

島田奈美さんって存じませんでしたが、可愛いですね。

 

詳細情報はここで確認しました。

便利なサイトだな〜。(勿論載っていない情報もありますが)

追記

ああ書き忘れていた!

BABY BACKは健一さんが「生まれて最初に作ったポップソング」だそうですよ!

すごいなー。(『LIST OF REFERENCE』より)

f:id:hioka201712:20180214025934j:plain

 

 

 ・南野陽子 「それは夏の午後」

(1989年7月12日リリースGauche(ゴーシュ)』収録)

作詞:小倉めぐみ 作曲:黒沢健一 編曲:萩田光男

それは夏の午後

それは夏の午後

  • 南野 陽子
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ナンノちゃんは結構好きなので語らせてもらいます!

作詞をされた小倉めぐみさんは南野さんの曲では「楽園のdoor」(スケバン刑事の主題歌)や「はいからさんが通る」(同名映画の主題歌)、そしてSMAPの「がんばりましょう」などを手がけた作詞家さんだそうです!

編曲の萩田光男さんは、南野さんの曲の大部分を手がけた方で、どこかクラシカルな雰囲気は当時の南野さんらしいなあ〜。クラシカル、でパッと思いつくのは「秋からもそばにいて」や「秋のindication」など秋をテーマにした曲でしょうか。

(曲自体とはあまり関係ありませんが)

南野さんは2015年にデビュー30周年記念ということで久々にコンサートをされて、2016年6月26日に追加公演として舞浜でコンサートをされたのですが(行きました)、その時の準備からコンサート当日のことなどをご自分のFacebookに持ち歌のタイトルをもじって書かれてて(アルバム『BLOOM』に「シンデレラ城への長い道のり」という曲があるので、舞浜でコンサートできてすごく嬉しそうでした!)、「それは夏の午後」も使われていましたよ。

Facebookで該当記事探すの大変なので、ブルーレイ付属のブックレット(Facebookに書かれたもの+αをまとめたもの)をちょっとだけ〜 

NANNO 30th&31st Anniversary [Blu-ray]

NANNO 30th&31st Anniversary [Blu-ray]

 

f:id:hioka201712:20180214021259j:plain

ついでなのでアルバム『Gauche』の感想としては、M2「それは夏の午後」やM4「トラブルメーカー」(色々あったのかもですが今聴くと盛り上がれます♪)、M6「サマー・フレングランス」など、発売時期に合わせた夏の曲がいくつか収録されていますが、ちょいちょい陰りがある曲も入ってるんですよね。でもM1の「マニキュアが乾く間に」、M3「鏡の中のエトランゼ」、M5「月夜のくしゃみ」など好きな曲が何曲もあるので、1曲聴くつもりが気がつくと通して聴いているアルバムです。

 

南野さんへの健一さん提供曲はもう1曲、

「サイドシートに答えて」がありますが、これはシングル「ダブルゲーム」のC/W。

シングルCDが聴ける人は中古で買うのもアリですが、聴けない人はベスト盤になっちゃいますね〜。

(今の所iTunesにもSpotifyにもなさそう)

私は『ゴールデン☆アイドル』を持っていますが(舞浜のコンサートで買ったら握手券がもらえて南野さんと握手したんですわよ!超お綺麗だったわ〜)、「それは夏の午後」は入っていないんですよね…

2曲まとめて聴けるベスト盤はないっぽい?

検索してたら、聞き逃していた2017年11月の「今日はナンノ日っ!」が某所で聞けて、藤井隆さんが「サイドシートに答えて」の話題(歌詞について、ですが)を振って、南野さんが答えていたのですが、あの、これは、南野さんのトークに免疫がある人が聞いてください(笑)。

関西人でB型で、慣れるとすっごい面白いんですが、曲については全然触れてないので…。(なら紹介するなって?)

 うーんでも記事にあるように「(あの歌詞は)3分で書いた」とか、番組内でリスナーさんの「どちらを選べばいいでしょう」的なお悩みに答えるのに「コインの裏表!」と言ったり、ホントに面白くて、ちょっと誰かさんみたい?と思ったのでした。

<追記>

また公開してから思い出した!

南野さんや島田さんに曲を提供してたあたり(19-20歳)のこと、

95年5月号(ノッキンリリース直前)の『音楽と人』にわりと詳しく載ってるので久々読み返しました。

f:id:hioka201712:20180214030129j:plain

f:id:hioka201712:20180214024945j:plain

 <さらに追記

一応書いておくと、南野さんの(当時の)レコード会社はソニーです。

健一さんはソニーのオーディションで賞を貰ったのをきっかけにソニーと作曲家として契約したようで、上の記事で「信ソ」が出てくるのはそういうことかなーと思います。

きーちゃんと健ちゃんが互いに認めあってる感じがすごく好きですし、きーちゃんは今PUFFY(ソニー)とお仕事してるから色々すごいなあと思いました。

 

ちなみに『音楽と人』の編集人を見ておぉと思って調べてみたら、『音楽と人

って市川哲史さんが創刊した雑誌だったんですね〜。

 カケレコで連載している「どうしてプログレを好きになってしまったんだろう」読んでます。

「どうしてプログレを好きになってしまったんだろう@カケハシ」

単行本も読みました…スミマセン、図書館で借りて、ですけど。

どうしてプログレを好きになってしまったんだろう

どうしてプログレを好きになってしまったんだろう

 

  <またまた追記

上の『どうしてプログレを〜』は市川さんご本人曰く〝世界初のプログレ漫談集〟で、Amazonレビューなどにもあるように、独断と偏見だらけの(褒めてます・笑)いわゆる5大プログレバンドの主要人物や関係する人々のインタビュー本で、一応(無理矢理?)健一さん絡みの補足をしておくと、『first』収録(ソロ2ndシングル)の「Rock'n Roll」でベースを弾かれたトニー・レヴィンさんのインタビューも少し載っていて、読んだ感じではすごいいい人な印象です(経歴見るとたくさん色々な活動されてますもんね)。

f:id:hioka201712:20180216100101j:plain

 ↑Youtubeの「What is this song?」のMVのスクショです。

トニー・レヴィンさん、この人だと思うんですけど。

でも「Rock'n Roll」は都内でレコーディングされたんですよね。 

kenichi kurosawa : special issue | 黒沢健一

「What is this song?」のMVで使用されている写真はロンドンで撮影されたものだけじゃないってことかな?

ここはどこだろ?って考えながら見るのも楽しいかもですね♪

 

 

 だいぶ疲れたので(脱線ばっかりするからや)あとは駆け足でごめんなさい!

 

稲垣潤一 「Double meaning

(2008年1月23日リリース『Signs of Trust』収録)

作詞:松井 五郎   作曲:黒沢 健一

(現時点でSpotifyにはなし)

DOUBLE meaning

DOUBLE meaning

  • provided courtesy of iTunes

 大人っぽい曲ですね〜。

この曲もセルフカバーしてほしかったな。

 

 

杏子 「BABY QUEEN

2010721日リリースJust』収録 

作詞/作曲:黒沢健一

 (Spotifyにもありました!)

BABY QUEEN

BABY QUEEN

  • 杏子
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

なんとなく、『NEW VOICE』の「 CHEWING GUM」や「PALE ALE」みたいな感じですね。(この曲の次に「ALL I WANT IS YOU」を聴きたくなる)

健一さんのコーラスが入るのがいいですね!

 

featureの2010年8月にレコーディング風景について書かれていましたね。

(メンバー写真、必見です!) 

2010年08月の記事 | kenichi kurosawa : feature | 黒沢健一

 

 

以上、ラジオの感想にも書きましたが、まだまだ聴いていない健一さんの提供曲があるので、これから聴いていきたいなと思いました。

(何を隠そう、徳山くんのCD持ってないんですよね…)

きっかけをくださった成瀬さんのラジオ番組に感謝です!

 

そう、それで、早速ですが、健一さんHPのworksを見ていて、

「インディーズのテーマってなんだろ??」と思って検索したら、

なぜかAmazonで新品が売ってたので買っちゃいました!

 

イントロがB級サイケっぽいですが、元気なAメロとセンチなBメロがいい感じでいい曲でした。

現在は品切れになっていて、もう入手困難なのではと思うので、こっそり。。。

 

 

  

 

 

ではまた。

 

 

 

 

海外通販で帽子を買った話

以前ちょこっと「AREA51の帽子注文しちゃったー」という話を書きましたが、

 

(どこに書いたっけ…勢いで書いてるからこのブログ見辛いな・苦笑

あ、これだ。この記事の後半。)

hioka201712.hatenablog.com

 

本日その帽子が届きました!!!

 

なんでこんなに時間がかかったかというと、、、

という話などを書きます。

 

えーと、そもそも、上の記事を書くにあたって、

健ちゃんたちが行ったお店ってどこかなー

とか、

健ちゃんが被ってた帽子って売ってるのかなー

と思って、

「AREA51」とか「AREA51 hat」ってネット検索・画像検索してみたら

あっさりお店がわかって、 

 お店の商品がネットで買える(Paypal使える)ってわかって、

なら注文してみよっかなーって注文したのが記事を書いた12月末。

 

で、約1ヵ月後の1月末に、まだ来ないのかな??

とメールチェックしてみたら、なんと!

 

「Notification(=通知・お知らせです)」

ってメールが、注文した翌日に届いてました。

うわ〜、全く気がつかなかった!

(メールちょいちょいチェックしてたんですけどね。見落としてた。。。)

 

文面を読んでみたら、

 

〝We have two problems with your order so we can’t ship it yet.

 
First, you need to pay the $20(USD) extra for shipping outside of the U.S.
Then, your address is in Japanese characters so we need an English version to give to the US post office〟
 
要するに、
〝追加送料が必要なのと、住所英語で書いてくれなきゃわかんない。
この2つが解決しないと商品送れないよ〜〟
 
ってことでしょうか。
 
ちなみに、注文時に払った金額はこんな感じ。
 

f:id:hioka201712:20180213141826j:plain

 

送料安いと思ったのよね〜。そんなわけはなかったか。

追加で20ドル。商品代とほぼ同じ。

まあ、せっかく注文したので、と

「返事遅くなってごめんね!送金しました。商品が届くの待ってます!」

的なメールを送り、追加送金して(paypalで相手を指名すれば送金できます。便利。)、本日届いた、というわけ。

(なので、スムーズにいけば2週間ほどで届いたのかも)。

 

さてさて、ワクワクして箱を見て、開けていきます。

 

f:id:hioka201712:20180213143856j:plain

おおー(ん?)

 

f:id:hioka201712:20180213143957j:plain

おおおー。

 

f:id:hioka201712:20180213144029j:plain

 

あ   れ   ? ? ?

 

ギャーーーーー!

まさかの色違い!!!

(送り状の商品名にWhiteってあったのおかしいと思ったー)

 

なんでや!色の選択肢なんてなかった(と思う)よ!!!???

 

しかし諸々の経緯を考えると、

商品交換は面倒なので、

これはこれでいっかなーーー?

(ブログのネタになったし)。

 

おまけで付いてきた2018年のカードカレンダーはマグネット製なので冷蔵庫に貼りました☆

 

もし、これから注文してみようって方がいたら

BLACK!

て指定するといいと思います。

 

おしまい。

 

f:id:hioka201712:20180213153309j:plain